リフォーム 価格

無料で自分に最適なリフォームプランを見つける方法

今すぐ試してみてください。
あなたに最適なリフォームプランを、複数の優良業者から無料受け取ることができます!
リフォーム計画書の作成依頼

リフォーム中の仮住まいにかかる手続きと価格・費用について

 

リフォーム中の仮住まい

 

大規模なリフォームをするなら間違いなく仮住まいの場所を用意する事になりますが、
普通の物件は複数年契約の場合がほとんどで数ヶ月の契約などは難しいので、
短期契約出来るマンスリーマンションなどを借りるのが一般的な方法です。

 

 

そしてマンスリーマンションなどの手続きに関してはその業者によって方法が違いますが、
入居までの手続きの流れとしてはメールや電話、インターネット上から申し込みを済ませ、
その後必要書類の送付、最後に確定した金額を支払って入居というパターンが常識的です。

 

仮住まいの手続き

 

手続きの際に必要となる書類は定期建物賃貸借契約書兼申込書や請求書、
そして本人だと確認出来る免許証の写しなどですが、定期建物賃貸借契約書兼申込書
などの必要書類は業者の方から送られてくるはずなので、
自分で何かしらの書類を用意する事はほとんどありません。

 

仮住まいの価格

 

そして価格についてですが、マンスリーマンションを3ヶ月契約で借りた場合と仮定すると、
仲介手数料が約9000円、清掃費が1万円前後、管理費が1ヶ月で1万5千円前後は
かかると見られ、光熱費は自分の使い方で上下するので何とも言えませんが、
1ヶ月に1万円程度と見積もって良いでしょう。

 

 

 

肝心の賃貸料は契約する会社、住む場所、物件のランクで大きく差が開くので
具体的な数字を出すのは難しいのですが、東京だと光熱費込みで
3ヶ月20万円から25万円くらいの物件が多いです。

 

 

よほど高級な物件を借りるなら話は別ですが、仲介手数料など細かい費用は別にして
中ランクの物件の部屋代(賃貸料)だけで考えるなら、いま説明したように3ヶ月プランで
20万円代か30万円代でマンスリーマンションは借りられます。

 

 

 

>>>外壁塗装のリフォームに関する覚えておきたい事

リフォームを失敗しない方法

信頼と実績の大手リフォーム会社に、リフォームプランを無料で依頼できます。
複数の業者に一括依頼するので、見積比較も楽ちんです!

簡単登録!リフォーム計画書の一括依頼!!